周期ニキビ対策で必要なこととは?

周期ニキビ対策

周期ニキビは、「ようやく出来たニキビが治ったと思ったら、また新しいニキビが出来た…。」というように何度も繰り返してしまうニキビのことを言いますが、『なんで繰り返しニキビができるの?』・『どうすれば良いの?』と疑問に思われる方もいらっしゃるかと思います。

 

 

まず、周期ニキビの対策を行うには、その原因を知ることにより、その対策を行うことができますので、原因を知ることが大切となってきます。

 

 

周期ニキビの原因は?

 

周期ニキビは繰り返してしまうニキビのことをいますが、その原因は生理と関係しているという女性特有のことに関すことが原因だったりします。

 

 

生理前になると、生理の準備をするために黄体ホルモン(プロゲステロン)が活発になるのですが、この黄体ホルモンが活発になることによる影響により、、「どうも体がだるい」であったり、「特に理由もないけど何となくずっとイライラする」などの症状が現れたりします。

 

 

その黄体ホルモンの影響は上記のような症状を起こすだけでなく、皮脂の過剰分泌も引き起こしてしまうため、ニキビができやすい肌環境を作り上げてしまいます。

 

 

そのようなこともあり、周期ニキビという言葉のとおり、”周期的(定期的)”にニキビが出来てしまう(何度も繰り返してしまう)ということなんですね。

 

 

また、周期ニキビは黄体ホルモンの影響が関係していますが、それが全てというわけではなく、生活習慣や食生活、日頃から抱えているストレス、その人の元々の体質なども関係してきますし、必ず全ての女性が周期ニキビができるというわけでもありません。

 

 

周期ニキビの対策はどうすると良いの?

 

周期ニキビは黄体ホルモンが関係してしるとお伝えしましたが、生理周期は「黄体ホルモン(プロゲステロン)」と「卵胞ホルモン(エストロゲン)」の2つの女性ホルモンが交互に優位になったりしますが、この2つのホルモンバランスを整えることが何よりも重要となってきます。

 

 

ちなみに、「卵胞ホルモン」は別名『美肌ホルモン』とも呼ばれ、美肌に欠かすことが出来ないホルモンと言われています。

 

 

睡眠不足は避ける

周期ニキビ対策

睡眠不足はお肌の大敵と言われるように、睡眠不足になるとホルモンバランスが崩れやすくなります。

 

 

生理前の2週間という期間は、黄体ホルモンが活発となる時期でして、この時期は体の温度が上がりやすい時期(高温期)となり、なかなか寝付けなかったりしやすくなる時期でもあります。

 

 

そのため、特に寝不足になりやすい時期でもありますので注意が必要です。

 

 

生理前2週間はスキンケアに特に注意する

 

上記でもお伝えしましたが、生理前の2週間という期間は黄体ホルモンが活発となる時期ですので、皮脂の過剰分泌により毛穴が詰まりやすくなることでニキビができやすくなります。

 

 

そのため、特にこの期間は注意が必要なりますが、かと言って、ゴシゴシと洗顔をするのはよくありません。

 

 

この時期は肌も敏感になっていますので、出来る限り肌への刺激が少ない洗顔を選び、優しく洗いながら皮脂を取り除いて、洗顔後はしっかりと保湿することが大切となります。

 

 

バランスのよい食事をとることを心がける

 

黄体ホルモンが活発なる時期は皮脂の過剰分泌が起こりやすいため、油分が多い食事は控えるようにされたほうが良いでしょう。

 

 

また、この時期は体のめぐりも悪くなりやすいため、むくみやすかったり、便秘になりやすかったりしますので、むくみに良いと言われる「キウイフルーツ」や「海藻類」、「小豆」などを摂取するように心がけられたり、便秘には「食物繊維の多い食材」を摂取するように心がけられると良いでしょう。

 

 

バランスのよい食事を取るということでは、ダイエットは摂取する栄養のバランスが崩れやすくなりますのでご注意ください。

 

 

体を冷やさないように心がける

 

体を冷やしてしまうとホルモンバランスが崩れやすくなりますので、冷たい飲み物を中心に飲まれるような習慣は避けて、出来る限り、日頃から温かい飲み物などを飲まれるようになさり、体を冷やさないように心がけられると良いでしょう。

 

 

日頃から意識して対策することが大切です!

 

周期ニキビは、他のニキビと違い、ある程度予測を立てることができるニキビでもありますので、日頃から意識して対策を行うことが何よりも大切となってきます。